RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -
参入見送り


 2011年以降にチャンネル枠が拡大するBS(放送衛星)デジタル放送に参入を計画していた三菱商事、三井物産、伊藤忠商事が、それぞれ、参入を見送る方針を固めたことが21日、明らかになった。




 昨年8〜9月に総務省が実施した参入希望調査では、計53陣営が名乗りをあげたが、急速な景気悪化を背景に、放送事業の採算性や成長性を精査した結果、多くの陣営が戦略の見直しを迫られている状況だ。総務省は23日に参入の申請を締め切る。


 BSデジタル放送のチャンネルは、11年には現行の2倍程度の20チャンネル以上になるとみられている。国内外の企業との強力なネットワークを持つ大手商社が参入すれば、視聴者獲得競争の激化は必至だったが、景気悪化で新規投資は難しいと判断した模様だ。



 一方、WOWOWや、通信衛星(CS)放送を手がけるスカパーJSATなどは、高画質のハイビジョン放送を展開できることから、参入意欲を示している。



 三井物産傘下の子ども向け専門チャンネルは、引き続き参入を検討するとみられる。



2009年3月21日14時49分  読売新聞)


 


あんまり手広げない方が良いと思う
author:sench, category:-, 18:19
comments(0), trackbacks(0)
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 18:19
-, -
Comment









Trackback
url: http://sench.jugem.jp/trackback/211